フラット35金利予想

【2018年10月のフラット35の実行金利発表】0.02%とわずかに上昇したものの想定内の金利変動幅

2018年9月21日に発表された10月の住宅金融支援機構債券(以下機構債)の発行条件が0.03%の上昇だったことから、フラット35の10月の金利も僅かながら上昇することが予想されていました。フラット35の10月実行金利はどうなったでしょうか。
住宅ローンの金利タイプ

【段階金利型住宅ローン】金融機関数は少ないが、フラット35よりさらに有利な商品も

「段階金利型」は固定金利型の一種で、借入期間中に一度だけ金利の変わる住宅ローンです。金利設定をはじめ商品内容は、明らかにフラット35Sを意識した住宅ローンとなっています。中にはフラット35より総支払額が低く抑えられているローンもあります。
住宅ローンの金利タイプ

【全期間固定金利型住宅ローン】フラット35だけではない、民間住宅ローンの固定金利という選択肢

全期間固定金利型の住宅ローンと言えばフラット35が思い浮かびますが、全期間固定金利型に力を入れている民間金融機関も増えてきています。最大のメリットは金利の変動リスクがない点、フラット35以外に選択肢となりうる住宅ローンがあるのかみていきます。
フラット35金利予想

【2018年10月のフラット35金利予想】誰でも簡単にできる「機構債の発行条件からフラット35の金利を予想する方法」

毎月20日前後に発表される翌月の機構債の発行条件が分かりさえすれば、誰でも簡単に翌月のフラット35の金利予想は可能です。2018年10月のフラット35の金利はどうなるのか?その過程も含めてご紹介していきます。
住宅ローンの金利タイプ

【固定金利選択型住宅ローン】固定金利と変動金利のメリットデメリットが混在する複雑なルール

固定金利選択型の住宅ローンでは固定期間を何年にすればいいのか、金利優遇はどちらのタイプにするか、固定期間終了後の金利動向は?など検討すべき項目が他の金利タイプより多くかつ複雑です。変動固定双方の特徴を持つ固定金利選択型の仕組みをお教えします。